大明山

北海凤凰树商务酒店

  紹介

  大明山は武鳴県の東北部に位置し、南寧市から104キロメートル離れ、210番国家高速道路の東側にあり、山脈の走向が西北から東南に向かう。空から見ると、長さは100あまりキロメートル、広さは25キロメートル。大明山は広西省中部のアーチ形山脈の西にある大山の一つ、主な峰の龍頭山が1764メートルで、桂林中南部での最高峰である。

  大明山は北回帰線の上で緑の真珠だと言われている。大明山は北回帰線にあり、動物と植物の資源が豊かで、原始森林、たくさんの稀少な生物、特別な物種及び長い歴史を持つ地層を分布し、巨大な自然の生物宝庫である。大明山は良好な区域位置の優位に恵まれ、南寧市の北部に位置し、市内との距離が僅か93キロメートルで、都市での観光客にとって週末の日に休暇を過ごす適当な距離である。同時に、大明山は「桂林―南寧―北海」という広西省の旅行ゴールド・ラインの付近に位置し、伊嶺岩や金倫洞などの観光地区に補充され、素晴らしい旅行の大環境を持っている。大明山の山地景色は様々で、種類が多い。切り立っている桂林の中で第一峰――龍頭山だけではなく、典型的なカンラン川大峡谷という景観もあり、さらに伝奇的な色彩に富を極める天地草甸と海洋の古生物化石を持ち、雄大、険しい、秀麗、静寂などの雰囲気を一つになっている。

  大明山は独特な気候環境を備え、山が高く森が茂り、典型的な山地森林景観と気候である。春の霧、夏の滝、秋の雲、冬の雪、それぞれの特色を持っている。特に夏はとても涼しいので、炎暑の桂南地区の人々にとって、避暑するための第一選択の地である。また、冬の雪は中国の一番南のところでの雪を観賞する景勝地。

  地勢と気候の特殊な条件のおかげで、幅広くの天然生態系統が保たれる。ここには、豊かな植物資源とたくさんの珍奇な動物がある。植物は1800種類で、その中で長苞鉄杉(Tsugalongibracteata)、白豆杉(Pseudotaxuschienii)、ウラジロマキ、イヌガヤなどの貴重な樹種がある。野生動物は80種類以上、その中でフランソワリーフモンキー、スローロリスが国家一級の保護動物に属する。

  大明山の平均海抜は1200メートル、山裾は190メートル。年間の平均気温は16度。南アジア熱帯風と地形の影響を受けるので、山の上での気温は山の下より8度から10度まで低い。四季がはっきりしている。春の霧、夏の滝、秋の雲、冬の雪という景色を持ち、「広西の廬山」とよく言われている。

友情链接

北海荔珠国际大酒店 北海真龙国际大酒店(原甲天下国际大酒店) 北海富丽华大酒店 北海梦之岛大酒店 北海国发华联酒店 北海香格里拉大饭店 北海国发夜巴黎酒店 北海利源国际大酒店 海滩大酒店 北海嘉莱度假酒店

广西北海市银晖国际大酒店 北海民航大酒店 北海珍珠湾海景酒店 北海南洋国际大酒店 北海银滩度假村 通洋饭店 太合酒店 中玉大酒店 鸿华大酒店 银谷湾大酒店

Copyright 2004-2010旭海科技ChinaHotel酒店预订网 中国酒店旅游网 北海酒店旅游网 广西酒店旅游网